本文へスキップ

産後太り・ダイエット// 変化の分かる整体院 「船橋整体院」 JR船橋駅北口より徒歩3分

TEL. 047-423-5616

〒273-0005 千葉県船橋市本町7-5-19 ヤマケンビル3F

◆ 産後太りでお悩みの方へ ◆
【 ボディバランスを整え、妊娠前よりもっとキレイにスリムアップ!!
産後の体型の変化にショックをうけてDVDや雑誌を買って運動やダイエットに励んでみたものの、思うようにポッコリお腹や下半身太りが解消されずに悩んでいるママさんも多いのではないでしょうか。
妊娠・出産に伴い女性のカラダは姿勢・内臓の位置・骨盤の形・ホルモンバランス・柔軟性・筋力などいろいろ面で大きく変化します。これらの変化を全く考慮せず闇雲に運動やエクササイズを行っても大きな効果を得ることは難しいですし、逆にボディーバランスを崩してしまい産後太りを助長させる原因に繋がることさえあります。
産後ママといっても、年齢・産後のカラダの状態・生活パターン・生活環境・育児方法などが各々異なるように、ダイエットを成功させるためには各々のカラダの状態・環境・生活パターンを考慮しながら行なっていくことが成功への近道となります。

◆ このような症状で【お悩み】ではありませんか?
・ 妊娠前の体重になかなか戻らない。
・ 下半身が太くなり、妊娠前の服が着られない。
・ 下腹部がポッコリして、なかなか引っ込まない。
・ お尻周りの締まりがなく、四角くなった。
・ 妊娠前の体型と比べて、メリハリがなくなった。
・ 適度に運動をしているのに、体重・体型が変わらない。

産後6カ月までは痩せやすいといわれます。しかし、『簡単に体重が戻った!』と喜ぶママさんの傍らで、ちっとも体重が減らなかったり、産後6ケ月以降に太り出したという悩みを抱えているママさんが多くいらっしゃいます。
産後の6ケ月、それなりに頑張ってはみたものの、『体重が減らない・・・』『体型が戻らない・・・』『一度減った体重が戻ってきた・・・』といった産後太りの原因とはいったいなんなのでしょうか?


◆ 産後太りを加速させてしまう3つの原因とは・・・

1: 骨盤の歪みによる内蔵下垂と冷え
産後6ケ月頃までの骨盤は、リラキシンと呼ばれるホルモンの影響で少し緩い状態にあります。緩いということは、ちょっとした外力や偏った動作の積み重ねで骨盤の形が変化しやすいということです。産後に骨盤周辺の筋力や靭帯の状態がシッカリと戻っていない骨盤は、妊娠前の骨盤と比べて歪みやすく、骨盤が開きやすい傾向にあります。
また、骨盤の開きは『形状的な問題』だけではなく『内臓の問題』にも影響を及ぼします。
骨盤には、内臓や生殖器をシッカリと支え守る役割があります。骨盤の歪みは内臓や生殖器を正しい位置にキープすることを困難にさせるだけではなく、臓器同士が過剰に重なりあうことで血行不良を起し内臓全体の冷えにつながってきます。
脂肪は断熱材の役割を担っていますので、お腹が冷えてくれば体温を奪われないようにするためにカラダは必然的に脂肪をより蓄え、体温を維持しようとします。
完全母乳なのに、それなりに運動もしているのに『お腹が引っ込まな〜い』っと思われている方は、骨盤の歪みによる内蔵下垂と冷えが原因かもしれません。

2: 筋力・柔軟性の低下によるボディバランスの変化
産後、筋力的にも弱った下半身で日々重たくなっていく赤ちゃんを姿勢良く抱っこするのはとても大変な事です。そのため多くのママさんは妊娠中のお腹を突き出すような姿勢で抱っこをし始めます。
妊娠中に馴れ親しんだ姿勢や動作を産後も続けるていると、ママのカラダには『頻繁に使われる筋肉』と『全然使われない筋肉』といった偏りが生まれてきます。筋肉は使わないでいると筋肉の素となる細胞が『脂肪』にかわていき、『霜降り肉』のような状態になっていきます。
また、頻繁に使われる筋肉は慢性的な過重労働状態にあり、カラダは常に疲労感を抱えています。エネルギーを消費するために欠かせない『カラダを動かすという行為』を極端に避けるようになってきます。
階段で行けるところをエレベーターで、歩いて行けるところを車で、となるとエネルギー消費や代謝は落ちてきます。当然カラダは脂肪をため込みやすくなってきます。

3: ストレスによる食事バランスの乱れ
産後はホルモンバランスが変化しているため自律神経が乱れやすく、出産前よりもストレスや不安を感じやすくなります。また、カラダの状態も戻りきらないうちから赤ちゃん中心の生活が始まり、睡眠不足・生活リズムの変化・孤立感・体調不良などが原因となりより大きなストレスを感じるようになってきます。
怒り・悲しみ・不安・孤独】によって蓄積されていったストレスを多くの女性は、『食べ物』で解消しようとする傾向にあります。もともと食べるということはストレスト解消する効果があるので、一番手っ取り早いストレス発散法となってしまうのです。
ダイエットをしたいから食事制限をする方も多いと思うのですが、目の前にあれば食べてしまうものを、グッと我慢することもまたストレスを蓄積させる要因となります。食べたい欲求、精神的なストレスが、ある一定のラインを越えてしまうと『ダイエットは明日から〜』となってしまい、ストレスが解消されるまで食べ続けてしまうことに。


◆ 産後ダイエットは、一般的なダイエットとは別物

産後のカラダは、妊娠・出産を経てわずか10ヶ月という短い期間で妊娠前のカラダと比べて大きく変化しています。このカラダの変化を考慮せずに、今までと同じようなダイエットをしても、良い結果がでないだけではなく、健康を害していしまうこともあるので、産後ダイエットを始める前にアナタ自身のカラダの状態をしっかりと把握しておくことが大切です。

・ 産後のカラダは筋力・柔軟性が低下している
赤ちゃんの成長に伴い腹圧を高め、カラダに安定感をもたらす筋肉(腹筋群)はお腹が大きくなっていくにつれて伸ばされていきます。また、大きくなるお腹を支えるためにお尻や太ももの筋肉は過度の緊張を強いられます。
妊娠・出産で伸び緩んだ筋肉や過度の緊張を強いられた筋肉は、使わなければ機能がどんどん低下していきます。
衰えた筋力や柔軟性は自然には回復しませんので、まずは、伸び緩んだ筋肉や過度の緊張を強いられた筋肉を正しく動かせる状態に戻していく必要があります。闇雲に運動をして代謝を上げようと頑張ってもなかなか理想の体重や体型に戻っていかないのはこのためです。

・ 産後のカラダは一時的に骨密度が低下する
授乳中は母乳を通して多くのカルシウムが赤ちゃんへ吸収されていきます。また、骨密度を維持するために必要な女性ホルモンは、生理が停止している期間は分泌量が低減するため骨密度が低くなります。
ダイエット=食事制限と安易に考えがちですが、赤ちゃんはママが摂取した栄養を母乳を介して吸収していきます。また、産後はカラダの回復期であるとともに慣れない育児で体力が必要な時期でもあります。
骨密度の低下を抑え、栄養満点な母乳を赤ちゃんに届け、そして元気に楽しく育児を行なうためにも無理なダイエットは控えたほうがよいでしょう。

・ あなた自身のために使える時間が少ない。
赤ちゃんが生まれた日から授乳やオムツ替えが始まり、赤ちゃんが寝ている間に掃除、洗濯、ご飯の支度・・・。『自分のことは後回し』の生活に強いストレスを感じてしまうこともあるはずです。

少しでもあいた時間があればゆっくり寝たり、リフレッシュ出来ることや楽しいことに時間を使いたいですよね。
いざ、やる気を出して運動を始めようとすると赤ちゃんが泣きはじめたり、心身ともに疲れきっていて継続して運動ができないなんてことも。

子育て中はなかなか思い通りに事が運ばないもです。家事や育児の時間を上手に利用しながらカラダを整えていくように心掛けていくことが大切です。


◆ 産後のダイエットを成功させるために船橋整体院では3つの矯正に重点をおいています。

【整える矯正】 妊娠・出産に伴う骨盤の歪みや崩れた筋バランスを整えます。
妊娠・出産によって歪んだ骨盤や、バランスの崩れた筋肉は代謝の低下や血行不良の原因に繋がり脂肪をため込みやすいカラダを作り出します。カラダを効率よく動かせるようにするためには、骨や関節、筋肉がまずは正しい位置に収まっていなければいけません。
全身の歪みやバランスを整えることで、正しくカラダを動かし効率よく代謝をあげていくための下地をつくっていきます。

【動きの矯正】 筋力や柔軟性の低下した関節や筋肉の動きを回復させていく。
妊娠中はお腹も日々大きくなっていくこともあり、どうしても動きがコンパクトなり『頻繁に行なう動作』と『まったく行なわない動作』といった偏りが生まれてしまいます。産後ダイエットを成功させるためには、『まったく行なわない動作』で動きを失ってしまった関節や筋肉の動きを回復させることが大切です。
停止していた関節や筋肉の動きを稼働させることで新たなエネルギー消費を生み出すことで代謝率をUPさせ、カラダを引き締めていきます。

【習慣の矯正】 生活習慣や動作の悪癖を見直していきます。
気付けば片側の脚に体重をのせて立っていたり、利き手を自由に使いたいために、いつも同じ腕でばかり抱っこしていたりしませんか?『頻繁に行なう動作』と『まったく行なわない動作』の偏りは、妊娠中にだけ生まれるもんではありません

産後は、より重たくなっていく赤ちゃんを抱っこしながらの生活が増えていく分、動作の偏りがより大きくなりやすく、カラダ全体のバランスを崩してしまう方も多くいらっしゃるので、立ち方、歩き方、座り方、抱っこや授乳の姿勢などをしっかりと見直し、日常生活の中でしっかりと使えるカラダ作りを行なっていきます。

船橋整体院に出会えて本当によかった! 改善された方の喜びの声をご覧ください。



◆ 赤ちゃん・小さいお子様と一緒のご来院も大歓迎!!

お子様が小さいことを理由に施術を受けたいことを我慢していませんか?
「施術中に泣きださないかしら?」「周りの方や先生に迷惑をかけちゃうかも・・」「落ち着きのない上の子がウロウロしたらどうしよう・・・」なんてことでお悩みではありませんか?
ご安心ください!! 船橋整体院では、お子様連れでのご来院を歓迎しております
当院は、完全予約制のため施術中は他の患者様と一緒になることは一切ありませんので、施術中に赤ちゃんが泣いてしまったり、小さいお兄ちゃん・お姉ちゃんが院内を歩きまわっていても、一切気兼ねをする心配はありません。
抱っこしてほしくてしょうがない赤ちゃん
また、私も2児の父親であり、毎日当院にいらっしゃるお子さんたちと接していますので、いろいろな意味で赤ちゃんや小さなお子さんには慣れておりますのでご安心ください笑顔マーク
お子様とご一緒の来院は予期せぬこともいっぱいありますので、その都度、状況に応じて臨機応変に対応させていただきながら施術を進めていきますので、ご心配・ご遠慮なく当院をご利用ください。
お子様連れで施術を行う際
《 赤ちゃんの場合 》
施術を行う施術台の横にベビーカー置いていただき、常に赤ちゃんの様子が見られる環境で施術を行っていきます。寝返りやハイハイを始めると落ち着きもなくなってきますので、状況を見てトレーニングマットの上で目の届く範囲内で自由に過ごしていただいております。
※ 誠に申し訳ありませんが、当院では衛生上の問題を考慮してベビーベッドをご用意しておりません。ご来院の際は必ずベビーカーでお越しいただきますようお願いいたします。
《 幼児の場合 》
施術中は基本的に安全な範囲内で院内を探検される子、絵本をジックリ読む子、お絵かきや塗り絵を楽しむ子、寝てしまう子、先生遊ぼうよとせがむ子など各々自由に過ごしていただいております。
お子様連れでの施術には、いろいろなハプニングもつきものです。急にオッパイを欲しがったり、抱っこをせがんだり、ウ○チをしてしまったり、寝ぐずりがあったりと、なかなか大人の思惑通りに事が進まないことも沢山あります。施術時間も少し多めに確保してありますのでその都度ハプニングに臨機応変に対処しながら施術をすすめてまいりますのでご安心ください笑顔マーク


◆ 産後太りでお悩みの方は『産後リフォームダイエットコース』がおすすめです。◆

【産後リフォームダイエットコース】はこのような方におすすめです
・ 妊娠前の体重になかなか戻らない。
・ 下半身が太くなり、妊娠前の服が着られない。
・ 下腹部がポッコリして、なかなか引っ込まない。
・ お尻周りの締まりがなく、四角くなった。
・ 妊娠前の体型と比べて、メリハリがなくなった。
・ 適度に運動しているのに体重・体型が変わらない。
【産後リフォームダイエットコース】初診料:\2,000 施術料:\5,000
・施術時間は初診60分、2回目以降は40〜50分が目安となります。 ・当院の施術はリラクゼーションではありません。『○○分でいくら』というものではありません。予めご了承ください。
ホームページを見られた方限定の特典 1日1名様限定 初回通常(初診料込み)¥7,000が42%OFFの料金で¥4,000に。2回目以降は¥5,000です。
詳しい料金表はこちら クリック


◆ ご予約はお電話にて承っております。

ご予約・お問い合わせなど、お気軽にお電話ください。 当院は【完全予約制】です。事前にご予約いただいてからご来院ください。予約受付時間月〜金9:00〜19:00 土9:00〜17:00 定休日:日曜・祝日
キャンセル・予約の変更は当日でも可能ですが、出来る限りお早めのご連絡をお願いいたします。申し訳ありませんが無断キャンセルをされた場合は、施術料をご請求させていただきますので必ずご連絡いただきますようお願いいたします。
【ホームページを診て予約したんですが】とお電話ください。 047-423-5616 受付時間:月〜金9:00〜19:00 土9:00〜17:00 日曜・祝日定休


当院はJR船橋駅北口の改札から徒歩3分です。

【 船橋整体院までの道のり 地図 】
船橋整体院(ふなばし せいたいいん)
〒273-0005
千葉県船橋市本町7-5-19ヤマケンビル3F
最寄駅はJR・東武アーバンパークライン(旧 東武野田線)船橋駅です。
当院は船橋駅北口より徒歩3分です
京成船橋駅からは徒歩5分です
東葉高速鉄道 東海神駅からは徒歩8分です

申し訳ありませんが、当院では専用の駐車場・駐輪場をご用意しておりません。お手数ではありますが、近隣の有料駐車場をご利用くださいますようお願いいたします。
より詳しいアクセス方法はこちら ⇒ アクセス